浜松、静岡、沼津の看板・野立・屋外広告・LEDサイン専門サイト[静岡看板.com]

浜松/静岡/沼津で商売繁盛のオーダーメイド看板を作るなら

静岡看板.com

静岡看板.com【スタッフブログ】

格闘技も仕事も燃える闘魂がいる
2015年10月5日

古賀です。

最近のスポーツは闘争心丸出しが続きます。

ラグビーです。ボクシング世界タイトル戦もたて続きで3試合ありました。人気が下降しているプロ野球もセリーグは例年になくワクワクして選手もガッツがありました。相撲は終わりましたが。しかし何といっても闘争心と闘争心のぶつかり合いはラグビーです。にわかラグビーファンが増えているようですが、ひょっとしたら自分もその部類でしょうか。特に女性ファンが多くて、ラガーズと言うそうです。ラグビー女子とは言わないようです。

テレビで観ていると相手は100キロ以上で身長が190センチの大男たちと小柄な日本人がスクラムを組みますが、首の骨を折らないかと心配しますね。

スポーツの秋ですが、スポーツ大好き人間の私は楽しいですね。特に格闘技が好きですね。気を抜いたり油断したら骨折、おおけがをしますから、戦う選手は本当にド真剣です。ド真剣にならざるを得ません。

この闘争心、闘魂は仕事にも通じます。特に経営者にはこの「燃える闘魂、闘争心」は不可欠で絶対条件の資質です。闘魂、闘争心の薄い人には経営者には向かないでしょう。

それにしても、日本の国技の相撲、柔道、空手、西洋のラグビー、ボクシング、レスリングなどの格闘技こそ、「燃える闘魂、闘争心」が体じゅうからほとばしらなければ勝てないスポーツでしょう。それだから見ている側も興奮感動、胸を打つのでしょう。

ちなみにスキーも登山も格闘技だと私は思います。スキーでは36度から40度近い斜度の斜面やコブコブの斜面は本当に雪と格闘です。いつまでたっても攻略できませんけど。

今シーズンも12月から来年5月まで半年間スキーで雪と格闘です。