浜松、静岡、沼津の看板・野立・屋外広告・LEDサイン専門サイト[静岡看板.com]

浜松/静岡/沼津で商売繁盛のオーダーメイド看板を作るなら

静岡看板.com

静岡看板.com【スタッフブログ】

小学校2年生の国語に頭をひねります
2016年4月4日

古賀です。

次は小学校2年生の国語も問題です。

A  犬がわんわんほえる。                                    B  犬がワンワンほえる。

A  星がきらきらひかる。                              B  星がキラキラひかる。

A  うさぎがぴょんぴょんはねる。                          B  うさぎがピョンピョンはねる。

AとBどちらが正しいでしょう?

正解は・・・                                   Bの犬がワンワンほえる。                                 Aの星がきらきらひかる。                              Aのうさぎがぴょんぴょんはねる。  ですが、私はすべてカタカナのBに丸をつけました。

正解の意味は、擬音はカタカナを使い、擬態はひらがなを使うのが日本語の正しい使い方と表現の仕方ということです。しかし、擬音、擬態という言葉は小学生低学年にはむつかしいですね。

擬音=犬の鳴き声ワンワン                             擬態=星が輝いている様子、うさぎが跳ねる様子

普段無意識に使用している「言葉」の「意味」や「使い方」に疑問を持ち、正しく人に伝えるようにしたいものです。

やさしそうでしたが難解な問題でした。