浜松、静岡、沼津の看板・野立・屋外広告・LEDサイン専門サイト[静岡看板.com]

浜松/静岡/沼津で商売繁盛のオーダーメイド看板を作るなら

静岡看板.com

路面立地の場合

10-7-10の法則《歩行者の目線》

1. 一度に認識できるのは10文字以内

通行中、歩行中のお客様が一度に認識できる 文字数は、約10文字とされています。

2. タイムリミットは秒(10m)

看板の大きさ、位置の理想は10m離れた位置からでも認識できることです。歩行速度を時速4kmとして計算すると約7秒。
また、10m手前から認識できる文字の大きさは約25~30cmです。

3. 無意識に目に入る視線の角度は10°以内

突き出し看板の最も認識しやすい最良の角度は10度より下の角度です。

この法則をふまえた上で、3つのポイントを考えることが大切です。

ポイント1《発見》

駅前や商店街で、昼でも夜でも、
お店の存在が目に付くこと。

《高さ・大きさ》 壁面や立地にあわせた大きさで。 歩行者に合わせてあまり高すぎないように注意。
《色と字体》 字は大きく、文字数は少なめに。業種・業態をアピールする工夫を!
《必要な看板》 ・ファサード看板
・袖看板

ポイント2《魅力》

歩いている方に興味を持ってもらい、
立ち止まってもらうこと。

《デザイン》 写真などを使い、目玉商品のPRを! 定期的に内容を変えていくのも大事です。
《造型物》 業態・業種がひと目でわかるものを!営業感をアピール!!
《オススメ看板》 ・A型スタンドサイン
・内照式スタンドサイン

ポイント3《誘導》

施設、お店に「入りやすい」ことが大事です。
テナントビルの場合は階数表示、入口矢印等で明確に!

《入口案内矢印》 入口や導線はわかりやすくしなければなりません。 特にビルテナントの場合は階数、入口矢印等で明確に!
《営業感を出す》 テナントビルの場合は、建物内の様子がわかりづらいので、明るい色使いと写真等で営業感をアピール!
《オススメ看板》 ・A型スタンドサイン
・内照式スタンドサイン