浜松、静岡、沼津の看板・野立・屋外広告・LEDサイン専門サイト[静岡看板.com]

浜松/静岡/沼津で商売繁盛のオーダーメイド看板を作るなら

静岡看板.com

静岡看板.com【スタッフブログ】

モンゴル帰れ、ヤンキー・ゴー・ホームはヘイトスピーチ?
2017年3月31日

古賀です。

●先日の相撲は主役稀勢の里と悪役照ノ富士という構図になったようです。

●相撲で照ノ富士:琴奨菊戦で照ノ富士が変化で勝った時に大ブーイングと「モンゴル帰れ」のヤジがチョット問題視されているようです。「モンゴル帰れ」のヤジがヘイトスピーチだと言われています。

●私見ですが「モンゴル帰れ」のヤジを言われるような相撲を取っている照ノ富士に原因にある。横綱を目指す大関の技ではない。相撲道、力士としての戦い方を照ノ富士が考え身に着ける事柄である。親方の元横綱の旭富士の弟子の指導に直結します。

●横綱千代の富士の名言を思い出します。それは「飛んだり跳ねたりする相撲をとる力士は強い横綱にはなれない」

●元々相撲はプロ野球やプロサッカーと一緒にしない事である。同じように見るからおかしくなるのである。

●私が小学校6年の時、かつて安保闘争があってその当時のアメリカ大統領アイゼンハワーが来日する予定が中止になったが、デモの合言葉が「ヤンキーゴーホーム」であったことを記憶している。今の時代ならヘイトスピーチになるのでしょうか?どうか。

●今から60年以上前にさかのぼりますが、アメリカ大リーグでニューヨークヤンキースがとてつもなく強くて「くたばれヤンキース」というブロードウエイミュージカルと映画が製作されました。子供の頃のこの映画をついつい思い出しました。

●「モンゴル帰れ」「ヤンキーゴーホーム」「くたばれヤンキース」考えましょう。

【お電話でのお問い合わせ】

◎月〜金 8:00〜18:00

【フォーム・FAXでのお問い合わせや見積りご依頼受付】

◎年中無休・24時間受付

【現地調査/打ち合せ/施工】

◎原則として日曜・祝日休
(休日/夜間の対応も可能です)